伊藤家について|さくら 日本文化体験教室 京都

伊藤家について

somei-mura

江戸初期、津藩・藤堂家の下屋敷に仕えていた初代・伊藤伊兵衛が植木屋を始めたのが最初とされ、
明暦2年(1656)に薩摩から運ばれた「キリシマツツジ」の栽培に成功し
「ツツジは染井」、「キリシマ伊兵衛」と呼ばれるまでになります。
 ここ染井村周辺には、柳沢家下屋敷(現・六義園)、藤堂家・建部家下屋敷(現・染井霊園)、
前田家下屋敷(板橋区加賀町)などがあり、植木屋の需要が高かったのが園芸が盛んになった要因なのだそうです。
享保12年(1727)、伊藤伊兵衛政武の代には、八代将軍吉宗が伊兵衛の芸戸園(植木園)を訪れて、
キリシマツツジなど二十九種の草木を買い求めたという記録が残されているとのこと。

伊藤家にまつわる歴史

三之丞

伊藤"伊兵衛"三之丞/SannoJoh "Ihee" Ito

江戸時代前期の園芸家。
江戸染井(そめい)村(東京都豊島区)で植木屋をいとなむ。
・Kinshumakura(錦繍枕) published in 1692
・Kadan-jikinsho(花壇地錦抄) published in 1695
・Kusabana-ezenshu(草花絵前集) published in 1699.

伊藤"伊兵衛"政武/Masatake "Ihee" Ito

江戸時代の植木屋。
江戸の北、染井村(現,豊島区駒込)で、数代にわたって園芸をいとなむ。
一家は造園、花卉(かき)栽培についての見識技量にすぐれ,当時流行した園芸植物の種類を図説記載した多くの著作を残した。
・Zouho-jikinsho(増補地錦抄) published in 1710
・Koueki-jikinsho(広益地錦抄) published in 1719
・Jikinsho-huroku(地錦抄付録) published in 1733

重兵衛

伊藤"重兵衛"常太郎/Jotarou "Juubee" Ito

明治時代の園芸家。
安政2年10月生まれ。
明治5年東京駒込の植木職の4代重兵衛をつぐ。
サクラソウの研究、品種改良で名だかく,「桜草銘鑑」をあらわした。
・Sakurasou-meikan (桜草銘鑑) published in 1888
・Sakurasou-meikan-juui(桜草銘鑑拾遺) published in 1899
・Sakurasou-meikan(桜草銘鑑) published in 1907