淡島 椿岳|さくら 日本文化体験教室 京都

淡島椿岳の作品

淡島 椿岳

淡島 椿岳/Chingaku Awashima

幕末-明治時代の画家。
文政7年生まれ。もと常陸(ひたち)水戸藩士。
大西椿年(ちんねん)に大和絵を、維新のころ高橋由一(ゆいち)らに洋画をまなぶ。
のち鳥羽(とば)僧正(覚猷(かくゆう))の戯画の影響をうけ、漫画で一家をなす。
晩年は天台宗の僧となった。明治23年9月22日死去。
67歳。武蔵(むさし)川越(埼玉県)出身。前姓は淡島。
通称は城三。別号に吉梵。

鷹匠 藤娘

淡島椿岳 鷹匠 藤娘

【年代】

江戸幕末~明治初期頃

【形状】

双幅

【サイズ】

本紙88cm×26.5cm 総丈171cm×35cm